Part Iへ

スキーキャンプ Part II

2006/2/10(Fri)〜2006/2/12(Sun)
パルコール嬬恋スキーリゾート
東海大学嬬恋研修センター
2日目です。
この日は、午前中、ひたすら滑って、お昼ご飯を食べて船橋に帰ります。
もっと滑っていたい気になりますが、何事も程々がよいのです。今年。もっとチャレンジしたかった気持ちを来年に繋げましょう。
朝食BS隊 まずは腹ごしらえ。
朝ご飯をしっかり食べます。
こちらの朝食と夕食は、
バイキング形式が基本なので
「野菜が嫌いな子」がよくわかって、
隊長にとっては、非常に…フクザツ
みんな、好き嫌いはダメだよ。
朝食CS隊
新雪に親しむ 夜の間に、いくらか降っていたようです。
ふかふかの新雪で、転んでもヘ〜キ…だよね?
カブ隊の中でも
特に自信のあるみんなで
一番上まであがりました。
写真は、付き添ってくれたVS隊の斎藤副長。

スキーではなくスノボです。
VS隊斎藤副長
ガラガラ… 朝一番に上まであがったので、
まだ人も少なかったです。
ゲレンデの周りは、
こんな感じ。
周りはこんな感じ
独占状態 コース独占状態。
ほとんど人が滑っていないので、
新雪に埋まってしまいそうです。
埋もれる
埋もれた カブ隊には、
ちょっとキツかったかも知れません。

みんな、板をとられて苦労していました。
雪が降り出して、風も出てきて…
少し寒かったので、休憩しました。


え?
「隊長がコーヒーを飲みたかったから休憩したんだろう」
って?
レストランにはいると、
カメラのレンズが
すぐに曇ってしまいました。

こんな使い方して…
壊れないんだろうか?
休憩
ホットな瞬間 暖かい飲み物で、
みんな幸せ
ちょっとホットになって
さぁ、もう一滑り。
さ、滑るぞ!
ポーズ 隊長は、たまに後ろ向きで
滑りながら、みんなを撮ります。
「今日、たくさん転んだ人!」
「は〜い!」

という光景ではありません。
隊長が期待するほどには、
転ばないモノなんですね。
ぴ〜す
おみやげ おみやげに群がるのも
毎年の光景です。
全体写真
出発前に、全員で…
(この一枚だけ、大きな写真です

Part Iへ