クリスマス会

ビーバー隊が
集合を始めました。
ハイ、しゅーごー
ほかのみんなも並びました。 他のみんなも
ベンチャー隊のお兄さんの
指示で、集合しました。



網?はて?何に使うのでしょうか?
今日のクリスマス会を盛り上げてくれたベンチャー隊とローバー隊の皆さん。 本日のトナカイ
小さい子の前に立って、歌やゲームをしてくれたみんなの他に、前には出てこないけど、飾り付けや準備に頑張ってくれたみんなもいます。
ビーバー隊やカブ隊のみんなは、そんな裏方さんには気付かずに、クリスマス会を楽しみます。この「気付かないこと」が非常に大事です。
その点は、リーダーが言葉で話しても、それほど大事なこととは認識できません。自分達の力で気が付いたとき、彼らは大人に一歩近づくことになります。

カブ隊のリーダーは、「自分達の力で気が付く」ことをサポートします。(できるかな?)
ビーバー隊の発表 ビーバー隊の発表です。
手に持っているのは
手製のマラカスです。
さて、本日のカブ隊一番手
4くみの発表です。
4くみ
イギリスで見知らぬ少年に助けられらボイスさんは… 霧のロンドンで、
見知らぬ少年に助けられた
アメリカ人の ウィリアム・ボイスさんは…
アメリカに戻ると、
その少年達
つまりボーイスカウトのことを
大統領に報告しました。

これがボーイスカウトが
アメリカに伝わったきっかけです。
4くみ
2番手は、2くみ カブ隊の二番手は
2くみです。
今回のテーマは「百年」ですが…
「僕達は、『百年』よりも前のことを調べました!」

「百年」ぴったりしか頭になかった隊長は
「そういう見方もあったか」と
思わず膝を打ちました。
2くみ
3番手の前に… カブ隊三番手の前に、
ベンチャー隊が一息入れました。
三番手は3くみです。
チェックのシートがおしゃれです。
3くみ
人形劇 チェックのシートの陰から現れたのは…
四番手は1くみです。 4くみ
電話を発明したのは… 電話を発明したのは…


イライシャ・グレイです。
こちらは、
BS隊の発表の様子。

なんと、「忠臣蔵」です。
衣装は用意していませんが、
なかなかの名演。
ビーバー隊もカブ隊も、
身を乗り出して観ていました。
大石内蔵助と赤穂浪士
恒例の手品 さて、毎年恒例の
マジックショーです。

手元で千円札が
1枚2枚…と増えていきます。


隊長の千円札も増やして
もらえば良かった…
最後はキャンドルサービスです。
サンタさんから
キャンドルの火をもらいます。
サンタさんとキャンドルサービス
これで、2006年の活動は最後となります。
次回は、年を越して2007年の1月7日(日)です。